横浜の風俗店で働く際の規則等は面接の前に求人サイトで予習をしておくべき

両手で胸を隠す女性

風俗で働くために必要なものといえば、顔写真が付いている身分証です。

履歴書を用意する必要はありません。資格などもいらないので、本人確認・年齢確認ができる身分証があればいいのですが、顔写真が付いていない場合は、採用してもらうことができません。

ある程度年齢が高い女性の場合は、健康保険証でもOKしてもらえたりするようなんですが、基本的には顔写真が付いていない身分証では確認ができませんので、免許証がない場合はパスポートでもOKです。

どちらもないという方は、住民基本台帳カードを作成するという方法がありますので、面接を受ける前に準備するようにして下さい。

風俗求人に応募できるのは18歳以上となります。18歳以下を働かせてしまうと問題になってしまいますから、年齢確認を徹底しているので、しっかりと協力しなければなりません。

エッチなバイトとなりますので、あまり自分の身分証を見せたくないという方もいますが、風俗で働くためにはどうしても確認する必要がありますので、理解していただきたいと思います。

コピーされたりするのはイヤだという方もいますが、こういう点は面接の際に確認してみるといいでしょう。一般的な職業とは違い、働く女性の住所などは管理していないことが多いので、年齢確認さえできれば問題ないと思います。